母乳育児のメリット!赤ちゃんとママの両面から説明します

【徹底解説】そもそもなぜミルクより母乳育児が良い?

 

あなたは今漠然と『母乳育児をしてみようかな?』とか『私はミルクにしよう』などと考えているかも知れません。

 

私も第一子妊娠中はそこまで深く考えたことがなかったのです。
でも『母乳育児をしてみようかな♪』と思って母乳について調べるうちに母乳の素晴らしさを知りました。そして同時に母乳が出なくて悩んでいるママが沢山いることに気づいたんです!!

 

 

 

今日は母乳育児のメリットについて書いていきます(*^^*)
まず母乳を出すと子宮収縮を促すので、産後の母体の回復が早くなると言われていますね。
また赤ちゃんの免疫が強くなることも有名ですね!
その他にも金銭面や心理面など沢山の効果があるので一つずつ説明していきますね。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

赤ちゃんの成長と健康に嬉しい効果!母乳育児のメリットとは?

 

 

 

免疫面

母乳を飲むことで赤ちゃんはママの免疫を受け継ぐことができます。体内ではビフィズス菌が優位になるので、他の病原菌が入ってくるのを阻止してくれるんです(*^^*)
特に産後すぐにでる黄色の初乳にはものすごく沢山の免疫物質が含まれています。産後数日する出る白い母乳の約100倍もの免疫物質を赤ちゃんへ送ることが出来ます。だから初乳を飲ませることが重要なんですね!
中国や海外では母乳の栄養価が高いことから、アスリートなどに好まれインターネットで販売するママもたくさんいるとか!?それくらい貴重な物なので母乳が出るママは是非赤ちゃんに飲ませてあげましょう(^O^)/

 

消化面

赤ちゃんの身体はとても未熟なのでミルクの消化は身体の負担になります。一方母乳だとママの消化酵素が含まれているので、消化吸収がスムーズにいき赤ちゃんへの負担もないのです。しかも母乳にはアミノ酸豊富に含まれていて赤ちゃんの脳の成長に好影響を与えてくれます。

 

 

顎の成長

助産師さんから聞いた話によると、哺乳瓶はとても簡単にミルクが飲めるそうです。一方母乳の場合はきちんと顎を使って飲まなければいけないため、顎が成長し歯並びも良くなるそう。
こんな効果もあるのは嬉しいですね♪

 

精神面

一日に何回も授乳するので、そのたびに肌と肌のふれあいが出来ます。赤ちゃんはしゃべれないためスキンシップによって心理的に安定します。もちろん抱っこも大切ですが、ママしかできない授乳もとても重要で信頼関係を築いくのに有効だと言えます。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

母乳育児のメリットは母親にもこんなにたくさんあった!

 

 

 

時間面

母乳の場合、赤ちゃんが欲しがればすぐに授乳できます。ミルクの場合は量を測って、お湯を沸かして、調乳し、冷まして飲ませる・・・という手間と時間がかかります。さらに哺乳瓶の消毒など洗い物も増えてしまいます。そして外出の際も用意に手間がかかりますね。赤ちゃんがいるとただでさえ荷物が多いのにお湯を入れた水筒を持ち歩いたりするのも大変です。

 

経済面

ミルクの場合はミルクを買い足すことはもちろん、哺乳瓶の乳首の大きさが赤ちゃんの成長とともに変わったり劣化したら買いなおさなくてはいけません。また消毒用の備品や、細かいことを言うと水道代やお湯を沸かす電気代やガス代もかかります。ウォーターサーバーを設置するママも多いですがこれも費用が掛かります。
母乳の場合はなにも買い足すものがありません!ただママのお腹が空くので若干食費が上がるかな?でもそれもミルク育児に比べたら微々たるものですね!

 

 体調面

母乳を出すと子宮が収縮するので産後の回復が早くなります。
また女性特有の癌のリスクが減るという嬉しいメリットがあります。長く授乳をした女性ほど閉経前の乳がん・子宮がん・卵巣がんの発症が低くなります。さらにダイエット効果もあります。授乳は大量のカロリーを消費しますので、授乳しているだけで産前より痩せるママが沢山いますね(^O^)

 

精神面

母乳を出すとオキシトシンというホルモンが分泌されます。このホルモンは別名愛情ホルモンと呼ばれるそうですよ。赤ちゃんとのスキンシップは赤ちゃんの心理面が安定するだけなく、ママにとっても母性が高まり幸せを感じる時間になります。

 

 

 

まとめてみると、改めて母乳の良い点が良く分かりますね!
そうは言っても『母乳は赤ちゃんを産んでみないと出るか出ないかわからない』そう思いませんか??
私も以前はそう思っていましたが、実は違うんです(^O^)
産前からできる対策もあれば、産後からでも始められるコツもありますよ。

 

そういう私自身は、母の母乳が出なかったそうで完ミ(完全ミルク)で育ちました。
私は母が大好きですし、今でも姉妹のように仲良しです。
でももし、あなたが母乳育児をしてみたい♪と思うなら諦めないでほしいですね。
私も最初は思うように母乳が出なかったのですが、試行錯誤を重ねて最後は完全母乳育児までたどり着きましたよ(*^^*)


 

Sponsored Link


関連ページ

母乳育児を軌道に乗せるには産院選びが重要だった!?
母乳を増やす方法は助産師さんが知っている!母乳育児成功のカギは母乳育児推進の産院・産婦人科を選ぶこと。また完全母子同室や授乳室が完備されていていつでもアドバイスをもらえる環境が大切です。実際に産院を選ぶ時の5つのポイントを解説しています
母乳を増やすために超重要!乳頭ケアとマッサージの方法
母乳を増やすためには乳頭と乳首のケアが大切。赤ちゃんが吸いつきやすいように産前から乳頭マッサージをしましょう。そうすれば頻回授乳が可能になり母乳の分泌を促進することが出来ます。母乳不足解消、乳腺の開通のための対処法にもなる方法教えます。産後ママの必見
産後すぐに母乳を増やすために産前のマッサージが必要?
産後母乳をスムーズに増やすためには産前からの準備とケアが大切です。妊娠中から乳腺も少しずつ発達していきます。出産前から乳首と乳房のマッサージをすると母乳育児が軌道に乗りやすいです。具体的なマッサージの方法も説明します。簡単にできるので是非やってみて下さいね。