産前から乳頭のケアをしておくと産後すぐに母乳が増える!

母乳を増やすために超重要!乳頭ケアとマッサージの方法

産後『母乳が出ない』『もっと母乳を増やしたい』と思ったら頻回授乳が重要なのは知っていますか?赤ちゃんが乳首を吸って乳頭を刺激すると脳に『母乳が必要だ!母乳を生産せよ』という指令が下ります。そして母乳分泌ホルモンであるプロラクチンとオキシトシンが分泌され母乳が出てきます。

 

このホルモンを分泌させるために新生児期は授乳間隔をあけず、赤ちゃんが泣く度に授乳する必要があるんです。つまり母乳を増やす方法として一番重要なのがこの頻回授乳です。

 

 

 

でもその頻回授乳をしたいのにこんな状態でできないことはありませんか?

  • 赤ちゃんが乳首をちゃんと咥えてくれない
  • 乳頭が痛すぎて長時間授乳するなんて無理

 

これらの原因は乳頭が固いことです。
また片方は大丈夫だけれど、片方は陥没ぎみの乳首。このような乳頭も考えられます。
乳首が固かったり、陥没していると赤ちゃんは吸い付きづらくて、うまく咥えて飲むことが出来ません。

 

だから頻回授乳をするためにもまずは乳頭のケアをしましょう!
ここでは簡単にできるケア方法を紹介します。
産前(妊娠後期)から行うのがベストですが、産後もこの方法で乳首を柔らかくしていくは出来ます(*^^*)ぜひ実践してみましょう♪

 

 

Sponsored Link

 

 

 

頻回授乳で母乳を増やすためにもまずは乳頭のケアから始めよう

 

通っていた産院の先生によると、妊娠中の経過が順調で特に問題がなければ大体24週目あたりからこの方法を試して良いそうです。

 

 

 

乳頭・乳首のケア方法

  1. 乳頭から乳輪にかけてオイルを塗る(馬油など、産院ではピュアレーンを推奨していました)
  2. 上からラップで覆い、10分以上オイルパックをする
  3. もし白いっぽいカスやかたまりが見えたら、優しく取り除く(爪を立てないように、綿棒などを使っても良い)
  4. パックが終わったら、指で乳輪から乳首までの全体を覆うようにつまみ、ほぐすようにマッサージする

 

オイルとラップだけで出来る簡単な方法ですが、効果は抜群です。
乳首の固さは鼻くらいと例えられることが多いですが、耳たぶくらいの柔らかさを目指すと良いでしょう。
1回のパックですぐに柔らかくなることはないので、できれば毎日行いましょう。ただし、お腹が張りやすいママや心配があるママはマッサージは避けてオイルパックのみにしましょう。
産後ママで今すぐ乳頭を柔らかくしたいママは毎日行いましょう。またお風呂など血行が良い状態でも簡単にマッサージしてみましょう(*^^*)
(マッサージの詳しいやり方はこちら:産後すぐに母乳を増やすために産前のマッサージが必要?

 

 

 

 

いかがでしたか??
私は1人目の時は乳頭のマッサージが不十分で産後すぐに乳首に亀裂が入り、血が出ました。まだ産後でお股もジンジンと痛むのに、それに負けないくらいの乳首の激痛に涙を流していました(+_+)助産師さんがマッサージしてほぐしてくれたのですが、容赦ないマッサージで痛くて痛くて苦しかったです。
私のようにならない為にも、産後スムーズに母乳を増やして育児するためにも是非乳頭のケアは入念にお願い致します(笑)


 

Sponsored Link


関連ページ

母乳育児を軌道に乗せるには産院選びが重要だった!?
母乳を増やす方法は助産師さんが知っている!母乳育児成功のカギは母乳育児推進の産院・産婦人科を選ぶこと。また完全母子同室や授乳室が完備されていていつでもアドバイスをもらえる環境が大切です。実際に産院を選ぶ時の5つのポイントを解説しています
【母乳育児のメリット徹底解説】そもそも何がミルクより良いの?
ミルクの栄養価が昔より高まっているのに、母乳育児が注目されているのはなぜでしょうか?栄養面や精神面、免疫面など様々な理由があります。母乳育児は赤ちゃんによって良いのはもちろん、母体にとってもプラスになることばかり。母乳育児の具体的なメリットをお伝えします。
産後すぐに母乳を増やすために産前のマッサージが必要?
産後母乳をスムーズに増やすためには産前からの準備とケアが大切です。妊娠中から乳腺も少しずつ発達していきます。出産前から乳首と乳房のマッサージをすると母乳育児が軌道に乗りやすいです。具体的なマッサージの方法も説明します。簡単にできるので是非やってみて下さいね。