気になる!母乳に関係する調査やニュース

 

ビジョン株式会社がパパも1日1回の授乳「パパチチしよう」という動画を公開しています。
先進国の中でもお父さんの育児の参加がまだまだ少ない日本。パパが赤ちゃんに授乳することで育児への意識や参加頻度を変えていこうという目的で行われています。

 

 

 

動画は世界母乳育児週間に合わせて8月1日に公開されました。
(関連記事 :世界母乳育児週間とは?ユニセフとWHO(世界保健機関)が決めたの?

 

 

パパチチしようって初めて聞いた時、正直私はちょっと衝撃でした。というのもママが搾乳したおっぱいやミルクをあげるのではなく、パパがチチを出すのかと勘違いしたからです(笑)
(動画では搾乳したおっぱいを哺乳瓶であげていました)

 

実際に動画を見た人の反応は『応援したい』・『革命的だ』と言う肯定派の意見と、『イラつく』・『これは戸惑う』などという反対派の声もあり賛否両論です。

 

 

しかしビジョン株式会社が実際にパパチチを行った人たちに調査したところ、

  • パパチチで育児の一体感が高まる
  • 母乳育児にも良い影響与える

と言うような結果が出ているそうです。

 

 

 そこで今回は下記について検証してきます。

  • なぜパパチチが育児の連携に役立ったか?
  • パパチチという行動でどうしてママの母乳を増やすことにもつながるのか?

それでは早速ご覧ください♪

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 パパチチで母乳が増えるって本当?その理由や根拠とは?

 

 

 (パパチチについての記事はこちら: http://news.ameba.jp/20170825-333/)

 

パパチチをした家族によると、育児を一緒にしているというパパとママの一体感が高まるそうです。そしてそのことにより、パパの育児参加度も上がるようです。すると結果としてお母さんに余裕が生まれストレスが軽減することから母乳の分泌も良くなり、増えたと考えられます。

 

母乳は赤ちゃんが乳頭を吸う刺激でプロラクチンというホルモンが分泌され生産されるのですが、ママがストレス過多になると『ホルモンバランスが崩れ上手くホルモンが分泌されない=母乳も出ない』ということになってしまうのです。パパチチはこれと逆で、ママの心配やストレスが減り『精神的に落ち着いたのでママのホルモンも安定して分泌されやすくなった=母乳も安定して出るようになった』と考えられます。

 

 

 

 

いかかでしたか?ピジョンの取り組みはとても面白いですね♪ パパも仕事を抱えとても大変だと思います。でも出産は全治1ヶ月と言われるほど体にダメージを受けます。それなのにママは夜も関係なく2.3時間おきに授乳する生活が始まるのです。

 

そして赤ちゃんはママの子であると同時にパパの子でもあります。だから2人で協力して育てる必要がありますね(*^^*)産後にしっかりママをサポートしてあげることが出来れば旦那様としての株も急上昇。
最初は少し恥ずかしいかも知れませんが、あなたもパパチチに挑戦してみてはいかがでしょうか??


 

Sponsored Link


続きを読む≫ 2017/08/28 00:28:28

 

世界には授乳や母乳育児のイベントがあるって知っていますか?
フィリピンでは2013年からママの母乳を増やし母乳育児を促進することを目的にみんなで一斉に授乳するというイベントが開催されています。

 

 

 

2013年には参加者も100名ほどだったのが、4年後の2017年8月5日開催の会には2000組以上の親子が参加する大規模なイベントへと成長しています。
さらに毎年8月1日〜7日の一週間は世界母乳育児週間とされ、様々なイベントが世界各地で開催されています。

 

ニュースの詳細はこちら↓

フィリピンのマニラで開催されている東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議に合わせ、フィリピン人の母親数千人が一斉に子どもに授乳するイベントが5日、同市内で開かれた。
母乳育児の促進を目指すこの行事には、2000人組余りの母子が参加した。主催団体によると、国内の授乳イベントとしては最大規模になった。
同団体の責任者によれば、2013年の初大会に集まった母親は100人余りだったが、参加者はその後年々増えている。
4日から5日にかけてはマニラだけでなく、世界各地で授乳イベントが開催された。
ユニセフ(国連児童基金)によると、フィリピンでは生後半年まで母乳だけで育てられる乳児の割合が2008年の時点で34%。これが最新のデータとされる。
ユニセフが15年に出した報告書によれば、母乳育児には生後すぐから2歳以上までの赤ちゃんが死亡したり病気にかかったりするリスクを下げる効果がある。世界保健機関(WHO)は、2025年までに完全母乳で育つ赤ちゃんを50%以上に増やすよう世界に呼び掛けている。
出典:https://www.cnn.co.jp/world/35105360.htm

 

 

Sponsored Link

 

 

 

母乳を増やし母乳育児率を上げることで死亡リスクを低下できる!

 

 

先ほどのCNNのニュースを見てもわかるように母乳育児は世界規模で推進されています。
母乳育児の利点は沢山ありますが、一番は母親の免疫を渡せることから赤ちゃんの死亡リスクを下げることです。また産後の回復を早めたり、母性が湧くなどママのメリットも多いです。もちろん赤ちゃんも免疫が上がるだけでなく、母親と肌と肌を合わせたコミュニケーションが出来ることで情緒も安定します。
(関連記事:【母乳育児のメリット徹底解説】そもそも何がミルクより良いの?

 

 

このように母乳育児の利点は非常に多いのですが、生後半年まで母乳のみで育児される乳児の割合はまだまだ34%ほどだそうです。世界保健機関WHOはこの割合を2025年までに50%に増やすことを目標にしています。

 

日本でも母乳育児は推奨される傾向にありますが、この割合を増やすためにはまだまだ改善していく必要があると感じます。例えば、母乳は出産したら誰でもすぐに分泌されると思っている女性は非常に多いです。
でも実際は、産後母乳育児が軌道に乗るまでには平均でも48〜72時間ほどかかります。

 

また乳首の固さや形状や長さ、また乳管の太さや細さ、そして赤ちゃんの吸いつき方まで個人差が非常に大きいです。母乳が出ないと悩み、すぐにミルク育児に切り替えてしまうママが多いのも現状です。

 

また何とか母乳育児を続けようと頑張るママもいますが、産後情報を集めたり、赤ちゃんを抱えながら行動移すことは大変です。ではどうすれば良いのか?と考えると、個人的には学校教育の段階でもっと知識をつけておく必要があると感じます。そうすれば出産適齢期や妊娠が発覚した時にスムーズな行動に移せると思うからです。

 

母乳を増やす正しい方法が世界のママ達に広がり、スムーズな母乳育児ができますように。そして赤ちゃんの死亡率が低下し、健康で元気な赤ちゃん・子供が増えることを祈るばかりです(*^^*)

 

Sponsored Link


続きを読む≫ 2017/08/08 04:45:08

 

世界母乳育児週間とは、世界中の170カ国以上で母乳育児の推進と乳児の栄養改善を目指した取り組みのことです。これは1990年にユニセフとWHO世界保健機関が定めたもので、毎年8月1日〜7日までの間と定められています。

 

 

 

ユニセフは赤ちゃんの免疫や母体の回復を早めることから母乳育児の必要性を解いています。
生後すぐ赤ちゃんに母乳をあげるためにはどのようにしたら良いのでしょうか?
世界母乳育児週間が目指している母乳育児支援とはどのようなものなのでしょうか?

 

 

Sponsored Link

 

 

 

8/1〜7は世界母乳育児週間!母乳育児開始時期の重要性とは?

 

 

 

母乳は母親の免疫が含まれることから赤ちゃんへの最初のワクチンと呼ばれています。
5歳未満で死亡してしまう児童の半数近くが新生児期です。しかし出産後に早期の授乳開始によって赤ちゃんの死亡率を下げることができるのです。

 

ユニセフによると、もしすべての赤ちゃんが生後すぐから生後半年まで母乳のみで育てられれば、毎年80万人の命を守ることができると考えられています。

 

母乳は生後1時間までに飲ませることが重要です。遅れれば遅れるほど、赤ちゃんの死亡率は高まり母親の母乳分泌の機会も減ってしまいます。

 

低・中所得国では、完全母乳で育つ生後6ヶ月未満の赤ちゃんの割合は約43%だそうです。母乳を全く飲んでいない赤ちゃんは完全母乳で育っている赤ちゃんに比べ14倍も死亡率が高まってしまいます。
また母乳をまったく飲んでいない赤ちゃんは、生後半年までに多少でも母乳を飲んだ赤ちゃんと比較しても死亡率が7倍も高くなってしまいます。このように母乳は飲んだ量に関係なく免疫力アップに効果を発揮するので、少しでも母乳を飲ませる努力をすることが重要です。

 

また母親の母乳も、出産し胎盤が剥がれた後から分泌が始まります。そして母乳分泌ホルモンであるプロラクチンは赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激で分泌されます。また母乳が沢山出るようになるまで48〜72時間ほど必要だとされるので産後少しでも早く授乳を開始することが大切です(*^^*)

 

しかし世界中の多くの国では生まれてから最初の三日間に粉ミルクや砂糖水などを与える習慣が残っているのです。これは改善すべき問題です。
母乳が軌道に乗るまでは48〜72時間ほど時間がかかりますが、健康児であれば数日分の栄養を蓄えて産まれてくると言われています。だからなるべく粉ミルクや砂糖水は与えずに授乳を繰り返すことがポイントです。

 

赤ちゃんの免疫を上げ、母親の母乳を増やすためにも産後すぐに母乳をあげられる体制、習慣を世界中で整えていきたいですね。

 

参考URL:http://www.unicef.or.jp/news/2016/0180.html

 

 

 

 

もしあなたが妊婦さんで産後すぐに母乳をあげたいと願うなら、出産予定の病院で産前に自分の希望を伝えておきましょう。
最近ではバースプランを聞いてくれる病院も多いですが、産後すぐの授乳やカンガルーケアなどは希望者のみに対応する産院もあります。
つまり申し出をした人だけ産後すぐの授乳が可能な場合もあるんです。
だから自分の希望を伝えておくことは非常に大切なんですよ。

 

自分が母乳育児をするまで知らなかった世界母乳育児週間。世界中で母乳育児の大切さが見直され、赤ちゃんへ死亡率が下がったら嬉しいですね(*^^*)


Sponsored Link


続きを読む≫ 2017/08/01 03:44:01

 

先日、蜂蜜に含まれるボツリヌス菌が原因で生後6か月の赤ちゃんが死亡してしまったというショッキングなニュースが入ってきました。

 

こんなニュースを耳にすると、母乳育児中のママは『直接蜂蜜を与えたことはないけれど、母乳育児中にママがはちみつを食べたらボツリヌス菌は母乳に移行するのかな?』 『母親が蜂蜜を食べて赤ちゃんに母乳をあげた場合どんな影響があるのかな?』と気になりませんか?

 

 

 

そこで今回は下記の項目をまとめてみました!

  • 蜂蜜に含まれるボツリヌス菌とは?
  • 蜂蜜が原因で乳児が発症する乳児ボツリヌス症状について
  • 母乳育児と蜂蜜(ボツリヌス菌)の関係

 

 

ちなみに、ニュースはこちら↓

 

東京都は7日、足立区内の生後6カ月の男児が3月30日、蜂蜜に含まれていたボツリヌス菌が原因の「乳児ボツリヌス症」で死亡したと発表した。記録の残る1986年以降、同症による死亡例は国内で初めてという。
 都によると、男児は2月20日にけいれんや呼吸不全などの症状が出て入院し、同症と診断された。男児の便と自宅にあった蜂蜜から同菌が検出されたという。家族は発症の約1カ月前から、離乳食として男児に蜂蜜を混ぜたジュースを飲ませていた。
 同症は同菌の繁殖を抑える腸内細菌が十分にない1歳未満の乳児が発症するとされ、原因食品の大半は蜂蜜のため、都は1歳未満の子どもに蜂蜜を与えないよう呼びかけている。 
出典:http://www.asahi.com/articles/ASK482F21K48UBQU001.html

 

 

 

授乳期のママが蜂蜜を食べるとボツリヌス菌は赤ちゃんへ移るの??

 

 

ボツリヌス菌とは?

ハチミツに含まれる菌の一種で、日本で作られたハチミツのうちの約1割に混在しています。海外製品にはもっと多い割合で含まれているそうです。このボツリヌス菌は、『芽胞(がほう)』という生殖細胞を作ります。
蜂蜜だけでななく野菜などにも付着している菌で、私たちの身近なところに存在しています。

 

 

1歳未満の乳児が摂取すると発症する『乳児ボツリヌス症状』とは?

ボツリヌス菌が作り出す芽胞は腸内で繁殖を繰り返し、毒素を発生させます。
赤ちゃんは消火器系が未熟で毒素が増殖してしまうのです。特に生後3〜6か月の乳児に発症しやすいと言われています。一般的には生後8ケ月頃には免疫ができるとされていますが、厚生労働省は1歳未満の乳児は摂取しないように勧めています。

 

 

乳児ボツリヌス症状の具体的な状態は?

初期は便秘・食欲不振・母乳を飲まなくなる・無表情などです。
重症化すると顔面麻痺によるよだれ過多・眼球運動や全身性の麻痺が挙げられ、死に至るケースもあります。

 

 

授乳中にはちみつを摂取したらどうなる?

母乳育児中のママがはちみつを食べて赤ちゃんが乳児ボツリヌス症状を発症することはあるのか?とても気になったので助産師さんにも聞いてみました。
ボツリヌス菌に対する免疫は1歳までにはできるので、ママがはちみつを摂取してもその菌はママの体内で処理されるそうです。よって母乳に移行することもないし、蜂蜜を食べたママの母乳でボツリヌス症状を発症したという人も聞いたことがないとのことでした。

 

 

 

 

 

はちみつは美容と健康に良く、近年ではマヌカハニーなんかも流行っていますよね。また精製された砂糖を摂取させるよりも自然の甘味であるハチミツを与えようと考えるママさんもいますが、乳児には害になってしまうので注意が必要です。

 

ただし、母乳を介して感染することはないので、そこまで神経質になる必要はありません。

 

また私も愛用しているクックパッドも素人さんのレシピがほとんどなので信頼しすぎない事が大切だそうです。


 

Sponsored Link


続きを読む≫ 2017/04/10 01:16:10

 

2017年4月6日付けで米国の科学誌「Cell Chemical Biology」電子版にある研究が掲載されました。
それは『母乳栄養児においてビフィズス菌優勢な腸内フローラが形成される仕組みの一端を解明された』という内容です。
分かりやすく言うとどのような事なのでしょうか?
簡単にまとめてみたいと思います(*^^*)

 

 

 

 

母乳育児の赤ちゃんと混合育児の乳幼児の腸内ビフィズス菌の違いとは?

 

概要

片山高嶺 生命科学研究科教授(石川県立大学寄附講座特任教授兼任)の研究グループと、伏信進矢 東京大学教授らとが共同で行った研究です。
ビフィズス菌は、1899年にパスツール研究所の研究で母乳栄養児に多く観測される細菌だと分かりました。赤ちゃんの便を調べたところ、授乳を開始すると直ぐに乳児の腸管にはビフィズス菌優勢な腸内フローラが形成されますが、授乳を辞めたと同時にこのフローラが消滅したからです。よってママの母乳にはビフィズス菌を増やす何らかの理由があると分かっていましたがその内容までは判明していなかったそうです。

 

 

 

研究方法

 

 

本研究グループは、人の母乳に含まれるオリゴ糖(母乳オリゴ糖 2)を利用するための酵素(母乳オリゴ
糖分解酵素 3) をビフィズス菌のみが有していることに着目して研究を進めてきました。
今回の研究では特にラクト-N-ビオシダーゼという酵素に着目して研究を行いました。ラクト-N-ビオシダーゼは、母乳オリゴ糖の中でも含有量の高いラクト-N-テトラオースというオリゴ糖に作用する酵素です。
京都府内の助産院の協力を得て、完全母乳で育てた乳児の糞便と混合乳で育てた乳児の糞便を解析したところ、ビフィズス菌の数が完全母乳栄養児で有意に多いこと、またラクト-N-ビオシダーゼの遺伝子数も有意に高いことを見出しました。
次に、X 線結晶構造解析 4によりこのラクト-N-ビオシダーゼの立体構造を解明することで、そのユニークな構造特性と詳細な反応機構を明らかとしました。ラクト-N-テトラオースというオリゴ糖は、様々な霊長類の乳中でも人乳にのみ特に多く含まれている成分です。また、ビフィズス菌はヒトの乳児に特徴的に多く生息する細菌です。このことから、ヒトはその乳児期に積極的にビフィズス菌と共生するという進化をとげ、それを支えたのが母乳オリゴ糖であることが推察されます。
今回着目したラクト-N-ビオシダーゼは LnbX という種類ですが、ビフィズス菌はもう1種類、同じ反
応を触媒しながらも全く異なる構造のラクト-N-ビオシダーゼ LnbB を持っています。乳児腸管に生息す
るビフィズス菌は4種程度ですが、それぞれの種が異なった戦略で母乳オリゴ糖を利用していることが
明らかとなってきました。つまり、これら4種のビフィズス菌は同じ生育環境中に生息しながらも多様
な酵素群を進化させてきたと言え、ビフィズス菌種間においても母乳オリゴ糖の利用を巡る生存競争が
あったと考えられます。

 

1 主にヒトなどの動物の腸内に生息する細菌で、いわゆる善玉菌と呼ばれる。特に、乳児期に多く、母乳で育てた場合、
全腸内細菌の 90%以上を占めることもある。
2 人乳に含まれる乳糖以外のオリゴ糖。3 番目に多い固形成分でありながら、ヒトの消化酵素には耐性であるために、乳
児の栄養とはならない。
3 母乳オリゴ糖に作用して加水分解する酵素で、乳児に生息するビフィズス菌が多く保有している。
4 酵素を含むタンパク質の立体構造を明らかにするための最も一般的な方法の一つ。目的物質の結晶に X 線を照射し、回
折データを測定することにより、微細な三次元構造を知ることができる。

 

出典:http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/documents/170407_1/01.pdf

 

 

 

 

 

研究の波及効果と今後

近年、ヨーロッパでは、人工的に作った母乳オリゴ糖をミルクに添加しようという動きがあるそうです。
研究は、母乳オリゴ糖のビフィズス因子としての機能を解明した研究であり、科学的エビデ
ンスに基づいた食品添加物や栄養補助食品の開発に弾みをつけるものと言えます。
今後の課題は「乳児期にビフィズスフローラが形成されることのヒトにとっての生理的意義」を理解
することです。

 

 

 

 

 

 

昔に比べてミルクの栄養がよくなってきているとは言え、やはり母乳は凄いですね(*^^*)

 

私自身は完全ミルクで育ちましたが健康児でした。
でも私は二人の子を完全母乳で育てたけど、やっぱり強い!!

 

上の子は3歳くらいまでの間に1.2回しか熱を出しませんでした。下の子はまだ1歳だけど、同じく全然風邪を引かないですね。

 

私はママのストレスが溜まるならばミルク育児にも賛成だけど、母乳はマッサージやお茶、サプリでかなり出るようになったから、母乳育児をしたいママさんは諦めでケアしてほしいなって思っています♪

 

Sponsored Link


続きを読む≫ 2017/04/08 23:45:08