良質な母乳を増やすために避けた方がいい食品とは?

質が良い母乳を出すための食事の基本は和食ですよね?では逆に美味しい母乳増やすために避けるべき食品とは何か知っていますか?

 

 

 

ママが食事に気をつければおっぱいの出がスムーズになり、赤ちゃんも美味しく飲んでくれます。でも忙しい毎日で日々献立を考えるのも大変なもの。

 

そこで今回は授乳期に避けるべき食材を取り上げます。 食べない方が良い物を知っておくだけでも、メニューが考えやすくなります☆

 

また知らず知らずのうちに、摂取しているものが母乳に悪影響を与えている場合もあるので授乳中のママは是非チェックして下さいね(*^^*)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

質の良い母乳を増加させるために授乳期に避けるべき食べ物と嗜好品とは?

 

 

 

スイーツ(甘いもの)

糖分が多い物を食べると、母乳はドロッとしやすく味も苦くなることがあります。

 

また母乳が冷たくなりやすく流れも悪くなってしまいます。そうすると母乳の味が落ちるだけでなく乳腺炎の原因にもなります。

 

甘い物が食べたくなってもアイスやケーキは避けましょう。どうしても食べたい時はさつまいもなど自然の甘味があるもの、または和菓子にしましょう(*^^*)

 

 

ジャンクフード(脂っこいもの)

脂質を摂りすぎると母乳の脂肪分も多くなります。

 

また乳管が詰まる原因となり乳腺炎を引き起こしてしまいます。

 

母乳も冷たくしょっぱくなってしまうので、ラーメンや揚げ物、フライドチキンなどは避けましょう。

 

 

乳製品

乳製品も乳管が詰まりやすくなるので過剰摂取は避けましょう。

 

一方で乳製品の中にはカルシウムが豊富に含まれているので適度に摂取することは大切で、上手に向き合いたい食材です。

 

具体的は牛乳やバター、チーズ、生クリームなどです。

 

 

魚類

マグロやキンメダイなどの魚には水銀が含まれていると言われています。

 

母乳を通して赤ちゃんへ移行する量は微量と言われるものの食べ過ぎには注意が必要です。

 

また生魚は細菌感染などお腹をこわすこともあります。

 

授乳中は薬も飲めませんので、赤ちゃんのためにもママのためにも避けるべき食材です。

 

 

カフェイン入り飲料

代表的なものはコーヒーと紅茶ですね。

 

1日2.3杯までなら問題ないとも言われますが、大量に摂取すると赤ちゃんがイライラしたりよく愚図るようになるそうです。

 

今はノンカフェイン飲料がたくさん出ているのでそうものを活用しましょう。またコーヒーや紅茶もデカフェ(ノンカフェイン)の物が発売されているので毎日飲みたいママにはおすすめです。

 

 

アルコール類

お酒を飲んですぐに授乳すると高濃度のアルコールが赤ちゃんへ移行してしまいます。

 

また大量に飲んだり毎日飲み続けたりすると赤ちゃんがアルコール中毒症状を発症することも。

 

授乳期間中の飲酒は絶対に避けましょう。

 

 

たばこ

ママがたばこを吸うと母乳を通して赤ちゃんへ有害物質が移行します。

 

また受動喫煙であっても赤ちゃんに影響を与えてしまいます。気管支喘息やアレルギー性疾患を起こす心配がありますので家族みんなで禁煙することが望ましいです。

 

 

ステロイド剤や抗うつ剤などは母乳から赤ちゃんへ移行してしまう可能性が高いと言われています。

 

母乳に影響を与えにくい薬もあるので、体調が悪い時にはきちんと医療機関を受診して授乳中である旨を伝えたうえで薬を処方してもらいましょう。

 

(関連記事:米と餅!母乳の分泌を増やす食事を目指すならどちらを食べる?

 

 

 

 

いかがでしたか?
離乳食が始まるまでの赤ちゃんの栄養源は母乳だけだから、良質なおっぱいを届けてあげたいですよね(*^^*)

 

もし昨日までごくごく飲んでいたおっぱいを急に飲まなくなってしまったのなら母乳の味が落ちているのかもしれません。

 

そんな時は一度、自分の食生活を振り返ってみましょう(*^^*)

 

ただし心配しすぎることもストレスとなり母乳に悪影響をあたえてしまうので、摂取しない方が良い食材を頭に入れつつ、あとは神経質になりすぎないようにしましょう!

 

今日もあなたの母乳増やすことができ、母乳育児が母子ともの良いものになるよう応援しています♪


 

スポンサーリンク