母乳を増やす食べ物!白米の摂取量を簡単にアップさせる方法とは?

母乳を増やす食べ物として一番大事なのは白米
助産師さんにもまずは食事生活の改善としてお米をたくさん食べるように指導されますよね!

 

 

 

母乳は主に炭水化物・たんぱく質・脂質でできています。それが血液となり母乳となります。

 

だからあの有名な桶谷式でも白米は1食2膳、1日6膳も食べるように指導されます。

 

また充分な水分を摂取し、さらさらの血液、豊富な母乳量を確保するために水分も3リットルを目標にするように言われました。
(なんと夏場は汗などで発散されるので5リットルと言う方も!)

 

でも毎日、毎日白米をそれだけ食べるって結構大変なこと…。

 

そこで今回は、効率よく母乳増やすためお米をたくさん食べながら、水分補給もできるような母乳育児中にぴったりの食事の仕方についてお伝えします(*^^*)

 

(関連記事:母乳を増やす食べ物の代表|白米で効果倍増するには?

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

母乳を増やす食べ物「白米」を毎日たくさん食べる2つの方法とは?

 

 

1食で2膳食べることができればいいのですが、きちんとおかずも食べたいしそんなにお米を食べられない…そんな悩みを持つあなたは要チェック!白米をいっぱい食べるコツとは?

 

1.食間やおやつにおにぎりを食べる

食事中は普段通り1膳のお米を食べて、食事と食事の間やおやつ・夜食にご飯を食べる方法です。

 

具体的には10時、15時、21時くらいに食べるのがお勧め。ご飯を多めに炊いて、おにぎりを作りラップにくるんで冷凍しておくと手間も省けます。

 

おにぎりなら最悪授乳しながらでも食べれてしまいます( *´艸`)

 

 

2.水分量の多いレシピを活用する

忙しさのあまり、朝は食パンや納豆ご飯・ふりかけご飯で済ましてしまう人もいますが、これでは栄養不足だけでなく水分不足になってしまいます。

 

また朝からなかなか食事が喉を通らないという人もいますよね?

 

そんな人達におすすめなのがお茶漬けや雑炊、リゾットなどのレシピです。

 

こういったレシピならさらさらと食べやすい上に一緒に水分も取れます。

 

それに味のバリエーションもつけやすいので、白米に飽きてきた人にもおすすめです(*^^*)

 

(関連記事:米と餅!母乳の分泌を増やす食事を目指すならどちらを食べる?

 

 

 

 

いかがでしたか?
ちょっと工夫をすれば何とか白米もたくさん食べれそうですよね?

 

そして食事や水分を頑張って摂取しているけれど思うように母乳量が安定しない人は母乳育児専用のサプリやハーブティーもお勧めです。

 

やっぱり血液量を増加させる造血作用のある成分を摂取することは手っ取り早く母乳増やす効果を期待できますよ(^_-)-☆


スポンサーリンク