母乳育児中のママ必見!乳腺炎の3大原因と治し方

 

母乳育児中のトラブルとして1番よく耳にするのが乳腺炎ではないでしょうか?
授乳中のママの2〜3割が経験するとも言われています。

 

 

乳腺炎とは一言で言ってしまうと『おっぱいが詰まってしまった』という状態です。
ではどのような時に『おっぱいが詰まってしまう=乳腺炎』の状態になってしまうのでしょうか。

 

様々な理由があると言われていますが、その中でも主な原因となる3つの理由を詳しく説明していきます。

 

乳腺炎を予防し、美味しい母乳増やすためにチェックしていきましょう(*^-^*)

 

 

授乳中に乳腺炎を引き起こしてしまう3つの原因とは?

 

 

 

1、赤ちゃんのおっぱいの飲み残し

母乳は1つの乳首から出ていますが、少ない人でも7〜8ほどの乳腺が開通し乳首を通して出ているのです。

 

毎回授乳の際に抱っこの仕方が同じ体勢だと、同じ乳腺の部分に少しずつ飲み残しが蓄積されます。そこが徐々に詰まって結果として乳腺炎の状態になってしまうのです。

 

また授乳間隔が空きすぎてしまうのも問題です。長時間母乳を乳房に溜めておくというのは詰まりや乳腺炎の原因となります。

 

赤ちゃんが眠くてちょっとしか飲んでくれなかった…と言うような時にも注意が必要です。

 

授乳後自分の乳房を触診し部分的に硬くなっているところがないかチェックすることをお勧めします^^その時に必要に応じて飲み残しのおっぱいを搾乳して捨てましょう。

 

 

2、ママの食生活

ママが外食続きで脂っこいものをたくさん食べていたり、ファーストフード等のジャンキーな食事をしたり、スイーツなど甘いものをたくさん食べたり、お餅を食べたりするとおっぱいがドロドロになってしまいます。

 

ドロドロのおっぱいは流れも悪くなりますが、味もしょっぱくまずくなるのです。

 

そうすると赤ちゃんは積極的に飲まなくなってしまい余計におっぱいが詰まってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

赤ちゃんのお世話だけでも大変ですが、授乳期間は一汁三菜の和食中心の食生活をするようにしましょう。

 

 

3、おんぶ紐や下着による締め付け

ママが胸の前でクロスさせるタイプのおんぶ紐を使用していたり、ワイヤー入りや補正するタイプの締め付ける下着をしていると乳管や乳房が圧迫され血液の循環が悪くなる場合があります。

 

いつも同じところに圧がかかるとその部分の乳腺が詰まる原因になります。

 

授乳期間中はボディメイクよりも母乳優先で締め付けのない下着を身に着けたり、クロスタイプのおんぶ紐は避けましょう(*^^*)

 

 

 

 

実際に乳腺炎になってしまったときの症状と治し方とは?

 

 

 

乳腺炎の症状

乳腺が詰まり、おっぱいがカチコチになります。まるで石のようなしこりが出来たりします。

 

また高熱が出たり、頭痛や関節痛また全身がだるくなると言う倦怠感を伴います。
そしてとにかく痛みを感じるママが多いです。

 

乳腺炎の正しい治し方:病院を受診する

病院を受診すると抗生物質や鎮痛剤などの内服薬を処方される場合が多く、薬をきちんと服用し食生活を整えて様子を見ることになるでしょう。

 

また産院でマッサージをしてしこりを取ったり、乳腺外来では詰まっている母乳を注射器で抜いてくれるところもあるそうです。

 

しかしおっぱいの凝りや痛みをそのまま放置してしまうと症状が悪化し化膿してしまう場合があります。ひどくなると外科で手術をし膿を出す必要が出てきます。

 

重症でない場合は、きちんと薬を服用することと詰まっているおっぱいをきちんと流してあげることが重要です。

 

 

 

 

乳腺炎の治し方と予防:自宅で出来る3つの対策とは?

 

 

1、赤ちゃんにたくさん吸ってもらう

きちんとおっぱいを流すためには、飲み残しがないように赤ちゃんに飲んでもらうことが大切です。でもドロドロのしょっぱいおっぱいは赤ちゃんも飲みません!

 

自分でもおっぱいを舐めてみて常に味を確認しましょう。しょっぱいと感じる時はきちんと搾乳し排乳してからあげる必要があります。また先ほども触れましたが美味しいおっぱいを作るために食生活には気をつけましょう!

 

2、おっぱいマッサージをする

おっぱいが詰まってしまう原因のひとつに乳管が細かったり、きちんと開通していないことも考えられます。

 

その場合にはおっぱいマッサージをして乳管や乳頭をほぐしてあげましょう。そしておっぱいの通り道をよくすることも大切です。

 

 

3、乳腺炎対策ができるハーブティーを飲む

授乳や食生活、マッサージなどを試してもおっぱいが詰まりやすいママにぜひ試してもらいたいのは、【つまり対策専用のハーブティー】です。

 

いつも飲む水やお茶をこのハーブティーに変えるだけで、詰まりやおっぱいのカチコチが一切なくなったというママもいます(*^^*)
授乳中はたくさんの水分が必要なので、せっかくなら毎日の飲み物を変えるだけで簡単に対策ができたら良いですよね。

 

まただんだんとママもおっぱいの調子がつかめてきますよね?『このままだとちょっとおっぱいが詰まりそうだな(>_<)』と感じた時にこのハーブティーを飲むことで乳腺炎を回避して病院に行かずに済んでいるママもいます。

 

(もっと詳しいハーブティーの情報はこちら→ミルクスルーブレンドで乳腺炎や白斑は回復した?口コミまとめ

 

 

 

乳腺炎は全体の20-30%ものママが経験すると言われているけれど、やっぱり避けて通りたいですね!

 

経験したママの中には『あれは本当に痛いです。陣痛より全然痛い』という言う方もいます( ;∀;)
乳腺炎になるとママも辛いし、赤ちゃんも美味しいおっぱいが飲めず悲しいです。

 

また一時的にミルクにしたつもりが、そのままミルクしか飲まなくなってしまうというケースもあります。

 

乳腺炎は酷くなってしまうと治すのも大変です。
毎日乳房の状態をチェックして、少しでも違和感を感じたら早めに対処しましょう(*^^*)
乳腺炎に苦しむママが1人でも減りますように(^^)/

 

 

スポンサーリンク