母乳育児中の食事が原因で乳児が湿疹になるって本当?

 

赤ちゃんの肌がカサカサになってしまったり、赤く腫れたり、痒そうにしていたりするととてもかわいそうですよね(>_<)生後2ヶ月から5ヶ月位に多く発症する乳児湿疹。実際にうちの2人の子供たちも経験しました。

 

 

 

乳児湿疹とは赤ちゃんの顔や体にできる湿疹の総称です。

 

赤ちゃんの皮脂の分泌が過剰になってしまう『脂漏性湿疹』や、逆に乾燥によって起こる『乾燥性湿疹』など種類が分かれています。

 

赤ちゃんの湿疹の原因はいくつかあると言われていますが、そのうちの1つが母乳育児中のママの食事が関係しているということです。

 

 

 

乳児湿疹にならない質の高い母乳を作るための食事とは?

 

 

 

母親が糖分や脂肪分の高い食事ばかりしていると、母乳の質が低下し乳児湿疹やアレルギーを引き起こす原因になると考えられています。

 

ママがファーストフードなどの外食ばかりをしていたり揚げ物など脂っこいもの、またチョコやケーキなどのスイーツや甘いものばかり食べていると、母乳はドロドロとして味も落ちます。
また卵や乳製品を沢山食べ過ぎてしまうと母乳の中のタンパク質の割合が多くなってしまいます。

 

このようにドロドロとしたおっぱいや、タンパク質の多いおっぱいは未熟な赤ちゃんにとって消化しにくく胃腸に負担をかけてしまう原因となります。その結果乳児湿疹を引き起こすことがあると考えられているのです。

 

 

大人でも外食や栄養バランスの悪い食事が続いたりすると胃が荒れたり、便秘になったり、肌に吹き出物ができたりしますよね?それと同じなんです。 では、どうすれば良いのか?

 

それはやっぱり和食中心のバランスのとれた食生活を送ることです。赤ちゃんの胃に負担とならないような質の良い母乳を与えることで乳児湿疹も改善する事があります。

 

肌のトラブルを減らそうと思ったときにはやはり腸内環境を良くすることが大切です(*^^*)そして腸内環境を良くするためには、サラサラで栄養価の高い母乳増やす必要があります。

 

 

 

 

 

乳児湿疹ができてしまったら…

  • 赤ちゃんの肌を清潔に保ってあげる
  • 汗をかいたりしないように室温や湿度に注意する
  • 石鹸で丁寧に洗ってあげる(脂漏性湿疹)
  • ベビーローションなどでこまめに保湿する(乾燥性湿疹)
  • 赤ちゃんの肌に触れる洋服やタオル、寝具を柔らかい清潔な物にする

こんなことに注意してあげましょう!

 

それでも乳児湿疹がよくならない場合には、ママの食生活ももう一度見直してみましょう!

 

和食中心の生活は、美味しい母乳を増やして赤ちゃんの肌のためになるのはもちろん、産後のママの体調やダイエット効果も見込めますよ♪ 

 

 

スポンサーリンク