ルイボスティーが産後女性の母乳と赤ちゃんにもたらす効果とは?

 

ルイボスティーはノンカフェインだから妊娠中から飲めるし、産後も母乳に良いと聞いて授乳中もずっと飲んでいると言うママも多いですよね?(*^^*)

 

私ももともとルイボスティーが好きでそう思い込んでいたのでよく飲んでいました。

 

 

 

でもルイボスティーは本当に母乳を増やす方法として効果があるのでしょうか?
たんぽぽ茶のように母乳を増やす影響のある成分が入っているのか調べてみましたよ。

 

これを読めばルイボスティーがどのような飲み物か、産後女性や赤ちゃんにどのような魅力があるのかすぐにわかります(*^^*)

 

 

授乳中にルイボスティーを飲むと母乳が増えると言うのは本当!?

 

 

ルイボスティーは「ルイボス」と言う植物の葉を乾燥させて作ったお茶です。ノンカフェインでマグネシウム・亜鉛・カリウム・カルシウム・リンなどミネラルがとてもたくさん含まれています。

 

ママがルイボスティーを飲むとミネラルをたくさん補給でき赤ちゃんに栄養価の高い母乳をあげることができます。つまりルイボスティーは、ミネラルなどの栄養価が高いので母乳の質を高めることができるんです。

 

では母乳の量を増やしたい場合はどうすれば良いのか?と言うと、やはりたんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーの方が効果が高いでしょう。

 

理由は造血作用のある成分が含まれているからです。つまり母乳の元となる血液が増えれば、母乳量のアップにつながるからです(*^^*)

 

スポンサーリンク

 

 

 

産後女性と赤ちゃんにルイボスティーが魅力的!母乳が増える理由3つ

 

質の高い母乳

ママが水分補強にルイボスティーを活用することで、マグネシウム・亜鉛・カリウム・カルシウム・リンなどたくさんのミネラルを補給することができます。その結果として質の高い母乳を赤ちゃんに与えることができます。

 

 赤ちゃんの水分補給

赤ちゃんに最初に与える水分としては白湯が一般的です。その後麦茶などを与えるケースが多いと思いますが、麦茶の代わりにルイボスティーをあげるのも良いです。
ルイボスティーはノンカフェインなので安心して赤ちゃんにあげることができます。麦茶もそうですが最初はルイボスティーも必ず薄めてからあげましょう

 

 整腸作用

ルイボスティーはミネラルがとても豊富なので整腸作用があります。ママが毎日すっきりと排便することで毒素の排出につながります。また便秘気味の赤ちゃんが飲むと快便になるという嬉しい効果もあります。赤ちゃんにはなるべく薬を使いたいくないから、母乳以外の水分摂取が始まっている時期に便秘になったら試してみると良いでしょう。

 

 

 

 

 

人にとってもミネラルはとても重要なのものです。しかもカルシウムなどは体内で製造できないので、食事などから摂取しないといけません。

 

それが毎日飲むお茶から摂取できて、さらに母乳を通して赤ちゃんに良いミネラルを渡せたら嬉しいですよね?だから授乳中の飲み物としてルイボスティーはおすすめです。

 

でももしあなたが母乳の「量」を増やしたいのであれば、タンポポ茶やハーブティー・母乳サプリの方が効果が高いのでお勧めです(*^^*)

 

今日も赤ちゃんと楽しい一日を過ごせますように♪


スポンサーリンク