解決!母乳を増やすたんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーの効果の違い

  • 母乳の量を増やしたいな
  • 栄養のある母乳をあげたいな

と思った時に知ったたんぽぽ茶というお茶

 

ノンカフェインで授乳中も安心みたいだから飲んでみたい!買ってみようかな♪と思ったけれど、思った以上にたくさんの種類が…。

 

しかもたんぽぽ茶とタンポポコーヒーという名前の違う2種類が存在して、どれを選べば良いか分からない(>_<)そんな壁にぶち当たりました。

 

 

 

  • たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーはどっちが母乳に効果的?
  • たんぽぽ茶はノンカフェインで、タンポポコーヒーはカフェイン入りなの?

など疑問に思ったことを調べてみました。
私と同じ疑問を持つママさん。きっと日本のどこかにいるはず!(笑)この記事を読んでスッキリしてもらえたら嬉しいです(≧∇≦)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

タンポポ茶とたんぽぽコーヒーの原料・味・効果の違い!徹底調査

 

 

 

以前、私は名前が違うのだからこの2つはまったくの別物だと思っていました。
しかし違う部分と共通する部分があることが分かりました!!

 

タンポポ茶とたんぽぽコーヒーの違いについて『原料』 『抽出方法』 『カフェインの有無』 『効果の違い』の4項目でご説明します(*^^*)一般的には下記のように区別されていますよ。

 

 

 

たんぽぽ茶

たんぽぽコーヒー

原料

たんぽぽの根・茎・葉 たんぽぽの根

抽出方法

たんぽぽの根・茎・葉を乾燥させて、細かくする、その後煎じてお茶にしたもの たんぽぽの根のみを一度炒め、フィルターを通してコーヒーのように抽出させたもの

カフェインの有無

ノンカフェイン ノンカフェイン

主な効能・効果

母乳分泌、乳腺炎予防、生理痛改善、
不妊改善、むくみの緩和、冷え性改善、
疲労回復、発毛育毛効果、強壮作用、
利尿作用、肝機能促進、血圧抑制など

母乳分泌、乳腺炎予防、生理痛改善、
不妊改善、むくみの緩和、冷え性改善、
疲労回復、発毛育毛効果、強壮作用、
利尿作用、肝機能促進、血圧抑制など

 

原料が微妙に違いますが、どちらもたんぽぽの根の部分を主原料としています。
そして名前の違いは緑茶のように焙煎させたものが『たんぽぽ茶』
コーヒーのように抽出したものが『たんぽぽコーヒー』と呼ばれています。

 

たんぽぽコーヒーは『コーヒー』の名がついていますが、これは抽出方法であり、原材料はたんぽぽ根なのでカフェインは含まれていません。タンポポ茶と同じようにノンカフェイン飲料です☆

 

つまり、たんぽぽ根は焙煎の方法や抽出方法によって味や色味が変化するんです。
そのためお茶のような味わいになったり、コーヒーのような味わいになったりします。面白いですよね(*^_^*)

 

 

また原料に他の茶葉や食品とブレンドしている商品もあるので『これは味が合わないな…』と思っても、他の種類のたんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーなら美味しく飲めることもあるんです♪

 

ただし、これらの名前の違いは法律によって定められてるわけではなく、メーカーが独自に決めています。よってメーカーによっては両方の区別をしていなかったり、 『タンポポ茶=たんぽぽコーヒー』と定義し表記しているところもあります。

 

しかし原材料が同じため、効能や効果には違いはありません。商品によって他のお茶やエキスを配合していれば多少変わる場合もありますが、基本的にタンポポ茶とたんぽぽコーヒーの効果としては同じです。

 

(関連記事:母乳育児におすすめのたんぽぽ茶 )

 

 

 

 

 

いかかでしたか?違いが分かってすっきりしたのではないでしょうか?私だけかな?笑

 

でも原材料が同じで同等の効果が見込めるのならば、あとはあなたの味の好みで選ぶことができますよ(*^^*)

 

授乳中や妊活中で毎日飲むなら、少しでも美味しいと思えるお茶がよいですよね♪

 

あなたの母乳が順調に増えますように。
あなたと赤ちゃんの幸せな生活を応援しています(*^-^*)


スポンサーリンク