一度減った母乳を増やす方法ってあるの?原因と対処法

 

順調だと思っていた母乳育児。それなのにいきなり母乳が減っていくと言う事はあるのでしょうか?またその場合もう一度母乳を増やすことはできるの?

 

 

 

  • 最近母乳が減った気がする
  • 病気になって数日間、母乳をあげなかったら一気に出なくなってしまった
  • 離乳食が始まってからおっぱいの量が少なくなった
  • 生理が再開して母乳の分泌が悪くなった

 

このような様々な理由で一度減ってしまった母乳をまた増やしたいと願うママもいます。
母乳の分泌量が減少した原因ともう一度増やす方法を説明していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

今まで順調だった授乳ライフ。母乳が減った原因と回復方法とは?

 

 

 

授乳回数や夜間授乳の減少

赤ちゃんが一度に飲める量が増えてきて授乳の回数が一気に減ったりしていませんか?また少しまとめて寝れるようになってきて夜間の授乳の回数が落ちたりしていませんか?
ママの体はおっぱいを吸われることによってプロラクチンと言う母乳分泌ホルモンが出てきます。また夜間はこのプロラクチンの量が日中のおよそ2倍になります。
つまり授乳の回数や夜間のおっぱいが減れば母乳が少なくなるのは当然のことです。
病気で授乳できなかった場合や離乳食開始後母乳が減った場合も同じくおっぱいへの刺激が減ったことによる母乳分泌ホルモンの低下=母乳量の低下と言えます。

 

生理と母乳の関係

生理がくると確かにホルモンバランスも授乳期と変わってきます。しかしこれも正確に言うならば『生理がきた→母乳が減った』ではなく、『母乳が減った→生理がきた』ということ。また頻回授乳をしたりして母乳が増えてくると生理は再び止まることが多いです。(ごく稀に生理がきて母乳もたくさん出るという人もいます)

 

 

食生活の変化やストレス

里帰りしていた人は自宅に戻った途端、母乳の分泌量が減ったと言う場合もあるかもしれません。実家にいるときは栄養のある食事をお母さんが用意してくれたり赤ちゃんのお世話も手伝ってくれていましたよね?
でも自宅に戻ったら家事も育児も全て自分でしなければいけません。忙しさに追われて今までのような栄養バランスのとれた食事の維持ができていなかったり、日中の話し相手がいなくなることでストレスを抱えているかも知れません。

 

 

一度減ってしまった母乳の分泌を再度増やすためには?

 

母乳の分泌を増やしたければ、まずは授乳の回数と夜間授乳に注意しましょう。
また混合で育てているママはミルクの量を少し減らしてみてはいかがでしょうか?

 

食事を作る時間がなかなか取れないママは一度に沢山の量を作り、小分けにして冷凍しておきましょう。それをいくつかストックして順番に食べたり工夫しましょう。時間がなくてもインスタント食品などは避けたいですね。それでもどうしても食生活が乱れている、必要な栄養素をすべて取る自信がない場合には母乳のためのサプリメントを活用するのも1つの方法です。サプリメントはいくつか種類がありますが、その中でも厚生労働相が授乳期に必要としている14のビタミンやミネラル。これを1日2粒でカバーできる『すくすく母乳の泉』はおすすめです。ビタミンやミネラルはもちろん赤ちゃんの脳の成長に欠かせないDHAも豊富です。

 

他にも母乳の基本である『白米をたくさん食べれるレシピ』や『冷え症のママにおすすめな母乳分泌を促進する方法』などたくさんの情報をまとめています。

関連記事:生後3.4.5ヶ月頃からでも母乳が増やせる方法を公開

母乳を増やす食べ物の代表|白米で効果倍増するには?

血流・冷え性を改善して母乳を一気に増やそう

母乳不足解消【すくすく母乳の泉】ってどんな効果の商品? 

 

 

 

 

母乳の量が急に減ると、ママは焦りますよね??
でも授乳回数や栄養不足、睡眠不足、ストレス、水分不足、冷えなど何かしらの原因があることがほとんどです。
まずはきちんとした授乳を行い母乳分泌ホルモンであるプロラクチンとオキシトシンを刺激すること。そして合わせて栄養面などの改善も行いましょう♪ 
赤ちゃんとママの幸せな授乳タイムが少しでも長く続きますように☆彡


 

スポンサーリンク