母乳を増やす哺乳瓶!?ピジョンの母乳実感とは?

 

赤ちゃんが生まれてから1度も哺乳瓶を使わずに育児をしているママは本当に少数だと思います。
頑張って母乳で育てたいと希望しているママでも最初は思うように母乳が出ないことも多く、そんな時は哺乳瓶でミルクを足すこともあります。また搾乳したおっぱいを哺乳瓶であげることもあるでしょう。

 

 

 

そんな時に注意したいのが哺乳瓶の乳首です。
哺乳瓶の乳首とママの乳首を両方吸ってくれるという赤ちゃんは実は少ないのです。

 

  • 哺乳瓶の乳首のゴムの感じを嫌がってママのおっぱいしか飲まなくなる赤ちゃん
  • おっぱいよりも哺乳瓶の方が簡単に飲めるからと哺乳瓶を好む赤ちゃん

このように二手に分かれてしまうのが普通なんです。

 

 

でも『母乳を増やしたい、メインは母乳育児にしたい、完全母乳育児をしたい』と希望するママにもお勧めできる哺乳瓶があります。厳密に言うと哺乳瓶そのものよりも哺乳瓶の乳首の形状がものすごく重要になります。

 

結論から言うと、実際に私も助産師さんにオススメされた『ピジョンの母乳実感シリーズ』のものがお勧めです。なぜこの母乳実感シリーズが母乳育児をアシストしてくれるのか?その理由について詳しく説明していきますね(*^-^*)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ピジョンの母乳実感シリーズが母乳を増やしたいママに人気のワケとは?

 

 

 

 

通常大体の哺乳瓶は、ママのおっぱいを吸う(母乳飲む)時よりも少ない力で楽に飲めるように設計されています。これはミルク育児をしたいという方針のママにとってはありがたいことかもしれません。

 

しかし母乳で育てたい!!と思うママはこのような哺乳瓶を使ってしまうと赤ちゃんは簡単で少ない力で飲める哺乳瓶しか受け付けなくなる可能性があるので非常に危険です。

 

しかしピジョンの母乳実感シリーズは母乳育児を応援する哺乳瓶として発売されています。具体的にどういうことかというと、赤ちゃんがおっぱいを飲む時の口の動きを60年以上に渡って研究し、その結果を活かして超品を開発しています。

 

 

通常赤ちゃんがおっぱいを飲む時はこのように舌や口を動かします↓

 

出典:https://pigeon.info/baby/pickup/jikkan.html

 

 

この口の動きを哺乳瓶でもできるように開発したのがピジョンの母乳実感シリーズなのです(*^-^*)
赤ちゃんがおっぱいを飲む時の口の動かし方は大人がコップやストローで飲み物を飲む時とまったく違う動きなんです。実は口の中の形状も違って哺乳期の赤ちゃんにのみ、上あごの真ん中部分にくぼみが存在します。

 

つまり、ピジョンの母乳実感シリーズは赤ちゃんが直母で授乳するときと同じ口の動きを再現できます。だからおっぱいとの併用もスムーズで、赤ちゃんが哺乳瓶に執着する可能性も低いのです。

 

 

 

いかかでしたか?
私も母乳育児が軌道に乗るまでは哺乳瓶にもお世話になりました。
でもまさか哺乳瓶の乳首によって、その後母乳増やすことができるか、逆に赤ちゃんが哺乳瓶を好むようになってしまうのか?そんな違いがあるとは思いもしませんでした。

 

特に産前に『母乳育児を希望だけど、哺乳瓶も1本くらいは用意しておこう』そんな風に思うママは、ここまで哺乳瓶に違いがあることを知らないのが普通だと思います。でも間違ってもデザインだけで選ぶ…という安易なことは避けたほうがいいですね。
この記事が母乳育児をしたいママへ届くといいなぁ!と願っています(*^-^*)


 

スポンサーリンク