母乳を増やすと赤ちゃんの貧血予防になるってホント?

 

赤ちゃんでも貧血になると聞くと、少々ショッキングですがこれは十分にあり得ることです。
貧血になってしまう赤ちゃんとはどのような状態なのでしょうか??
また母乳を増やして母乳育児をすることで貧血が予防できる理由についても説明します。

 

赤ちゃんはママのお腹の中にいる時は胎盤を通して酸素や栄養を吸収しています。
そして生まれてくる時には母体から鉄分を引き継いでくるのです。誕生してからは母乳やミルク、生後半年以降は離乳食などから栄養を摂取していきます(*^^*)

 

注意が必要なのは生後約6カ月以降の赤ちゃんです。理由は母体から引き継いだ鉄分を約半年で使い果たしてしまうからです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

母乳を増やすと赤ちゃんの貧血を予防できるのはなぜか?

 

 

結論から言うと母乳の方がミルクよりも鉄分の含有量が多いからです。だから赤ちゃんの貧血を予防してあげたいのであればなるべく母乳育児をする必要があります。
もし困難な場合はミルクの中でも鉄分の配合量が多いミルクを与えてあげるようにしましょう。

 

そして生後半年以降は離乳食が始まる時期ですがまだまだ栄養のメインは母乳やミルクという赤ちゃんが多いです。しかし一度に飲める量はかなり増えてくる時期なのでママも赤ちゃんに十分な栄養や鉄分を受け渡すため母乳量を増加させる必要があるのです。

 

また赤ちゃん自身がよく食べる子だとしても、まだ離乳食の初期は食べれる食材も少なく栄養が偏りがちです。さらに好き嫌いのある赤ちゃんの場合にも注意が必要ですね。
食べた量だけでなく、いくつの食材を食べれたか、どんな栄養素が取れたのか?把握してあげることが大切です。

 

 

ちなみに貧血の症状としては

  • 顔色が青白い
  • 目の下の裏側が白い
  • 急に立ち上がったときにフラフラする
  • すぐに疲れてしまう

と言うような特徴があるので注意深く観察してあげましょう!

 

 

最近では一汁三菜の和食の食生活から離れた食生活を送っているものも多いのではないでしょうか?例えば朝食は手軽なシリアルやトーストで済ませていませんか?
また産後の体型や体重を気にするあまり食事を腹八分目でやめてしまうママも多いのです。しかしこれは母乳量を低下させるだけでなく赤ちゃんに受け渡す必要な鉄分の量が確保できない原因にもなっています。

 

赤ちゃんの貧血を防いであげたいのであれば食生活をバランスよく整えるとともに鉄分の豊富な食材を積極的に食べましょう。具体的にはレバーや肉・魚介類・小松菜やひじきなどを積極的に食べれると良いですね。

 

また鉄分はビタミンCと一緒に摂取すると体内の吸収率が高まるのでその辺も考慮して毎日の献立を考えることができると良いですね(*^^*)

 

ただそうは言っても、赤ちゃんのお世話と家事だけで毎日あっという間に時間が過ぎてしまう…と言うママさんもいるでしょう。そんな忙しいママは授乳期間中に必要な栄養素が取れる母乳のためのサプリメントを利用するとよいでしょう。

 

オススメのサプリについてはこちらでも紹介していますのでチェックしてみてください↓

スポンサーリンク